エルフーンのもふもふぱわ~ブログver.

とあるエルフニストのRemembrance

【S4スぺレ】進撃のもふもふ~ん【最高Rate1690】

目次

・初めに

・パーティー紹介
 ・エルフーン
  ・①エルフーンの特徴
  ・②持ち物考察
  ・③技構成
  ・④調整意図
  ・⑤実績
  ・⑥苦手な相手

・まとめ

・PS

(リンクは気が向いたらつけてみようと思います)

 

 

 

 デデドン!

f:id:sorapoke:20170611102442j:plain

 

最近ブログ頻度が多くなってきた気がする、ソラです。

今回はシングルレートではなくS4で解放されたスペシャルレート(以下スぺレ)の結果を報告します。

ちなみにS4のスぺレのルールはシングル61という6匹の中から1匹を選んでバトルするというルールです。特に嫁ポケ相棒ポケを持っているポケ勢にとって、これ程に燃えるルールはないのではないでしょうか?
自分の自慢のポケモンをアピールする・活躍させるチャンスなんですから。

今回僕は単騎エルフーンで上の画像にある通り、レート1690を記録しました。この記録は単騎勢の中ではかなり高いレートなのではないかなと自負しています。前作の時もエルフーン単騎でスぺレに行っていましたが、その頃の最高レートをなんと190も更新しています(あ、察し)。

というわけでここまで頑張ってくれたエルフーンを紹介もとい自慢もといチヤホヤされたくてこの記事を書きました。ぜひ最後まで見ていただけると嬉しいです。

僕の使ったエルフーンをひたすらに紹介しても良いのですが、それだけだとつまらないので、スぺレにおけるエルフーンの考察も少し書いていこうと思います。今PGLによるとエルフーンの使用率は30位らしい(出世したなあ)から見ておいて損はないと思いますよ。

 

~パーティー紹介~

 

f:id:sorapoke:20160719144233g:plain
エルフーン@光の粉 控え目 悪戯心
実数値(努力値):135-×-117(92)-141(252)-95-157(164)
技構成:守る/身代わり/ヤドリギの種/暴風
調整:Cぶっぱ。S最速
ロズレイド抜き(90族抜き)。B余り。

この構築の嫁枠兼相棒枠兼起点づくり枠兼エース枠。この子がいなければパーティーにならない。この子がいなければスぺレに潜れない。この子がいなければポケモンしてない。そのくらい大事な枠。

①シングル61におけるエルフーンの特徴

通常のシングル63と比較した際、シングル61の最大の特徴はポケモンの交代がないことです。その状況でヤドリギの種を当てれば永遠とHPを吸収し続けることができます。高速スピンとかいうワケワカラン技持ってなければですが。

中でもエルフーンというポケモンは特性悪戯心のおかげで先制して身代わりを貼ることができるため、守る身代わりのループによりヤドリギさえ入っていれば絶対に倒されないポケモンになります。この事をエルフーン業界では必勝モードと呼びます。

※必勝モードという呼び方はさっき僕が適当に考えただけなので業界用語なんてものではありません。間違えても知り合いのエルフニストに確認なんてしないで下さい。多分聞いてしまったら「必勝モード?なにそれ中2病にでもなったか?それはやどみがループっていうんだよ」みたいな感じで答えるかと思います。この記事では必勝モードの方がかっこいい気がするのでそれで通します。

ORASの頃と比べてエルフーンはこの必勝モードに格段に入りやすくなりました。理由は天敵であったアロー・ニンフの減少が挙げられます。

 

②持ち物考察

光の粉は10%の確率で攻撃をよけるアイテムなのですが、エルフーンに持たせたとき、身代わり分4回+最後の攻撃1回の計5回よけるチャンスがあり、一回でもよければヤドリギループに入れます。この時一回でもよける確率は1-(0.9)⁵=0.41。約41%の確率で勝てる計算になります。催眠ゲンガーの催眠当てる+身代わり残すの確率が0.6×2/3=0.4より40%の事を考えれば、41%で勝てるこのアイテムは十分採用価値が出てくるかと思います。

以上より持ち物は光の粉で行くことにしました。

 

③技構成

以上より守る身代わりヤドリギは確定。悪戯心ヤドリギの通用する相手ならどんな相手でも41%で勝てます。

(僕のエルフーンヤドリギは必中設定なのでヤドリギ外す確率は考慮に入れてません)

残り一つの技はこのヤドリギの効かない草タイプに対して打点をとるために暴風を今回採用しました。暴風の他のメリットとして、追加効果の混乱により自己再生等の回復手段を持つ相手に対して、自傷で技を出せなくしそのまま削り倒せるといったメリットがあります。

他の技の候補としては、

ムーンフォース:ヤドリギの効かない悪タイプ対策。タイプ一致技でもあり一貫性が高いことも利点。単騎勢のフェアリータイプにわざわざ悪タイプ出してくることなんかないだろと思って今回は不採用。

⑵めざめるパワー炎:ナットレイや紙剣やその他草に対する打点。

エナジーボール:氷技で平然と勝てる気でいる水タイプへの打点。特にパルシェン対策。

トリックルーム:滅びの歌ピンポイント対策。

⑸草笛:必勝モードにより重点を置くなら。ちなみにノーウェポンになるため挑発に対しなすすべがなくなりますが、1WEPON構成にしたところで挑発されたらどうせ勝てないのであんまり関係ないです。

あたりが挙げられるかなと思います。

 

④調整意図

性質上、ヤドリギの回復量2回分≧身代わりで減った体力にしないとループが成り立ちません。そこで元々のHPは小さいままにしておく必要があります。この時点でHP振りの選択肢が切れます。

HPに振らない単騎エルフーンはもはや何したって相手の攻撃を一発耐えることはないのでBやDに振る意味もなくなります。

6体編成の構築にいれるならマッチング次第でHBDに振り分ければ耐えれる攻撃もあると思うのでその場合は持ち物は食べ残しの方がいいかもしれません。

また、どうせ悪戯心下で行動することが多いのでSに振る意味も薄いです。準速アローを抜きたいくらい?

というわけで消去法で性格控え目Cにぶっぱすることになりました。このC振り暴風のおかげでフシギバナハピナスにも勝ったことがあるので良かったかなと思います。

残った努力値ORASの経験を元にロズレイドの上から暴風打つためにSを最速ロズレ抜き(この辺は私怨が入っていたりする)まで振り、残りを守る身代わりループでPPのなくなった拘り持ちの悪あがきを身代わりが耐えるようにBに振りました。

A無振りバンギの悪あがきを身代わりが確定耐え、これを意識した人なんて世界中のどこ探してもこの記事書いた人しかいないと思う。

暴風きって他の補助技入れたらもはや努力値いらないまでありますね(笑)

 

⑤実績(勝ったことが1回でもあれば勝ちと表現します)

対オノノ  勝ち
対ガルド 勝ち
対テテフ 勝ち
ドヒドイデ 勝ち
ハピナス 勝ち

対マンダ 勝ち
対バンギ 勝ち
エモンガ 勝ち
対バシャ 勝ち
対アロー 勝ち

対バナ 勝ち
対パル 勝ち
対ジバコ 勝ち
対ニンフ 勝ち
etc・・・

 なんだこのエルフーン最強かあ!?
(どうやって勝ったかはみなさんのご想像にお任せします)

 

⑥苦手な相手

そんなんわざわざ載せるわけない!
多分皆さんが思いついたポケモンは全員苦手です。

 

 ~まとめ・感想~
潜る前は「1400台当たりをキープするのが目標かな~」とか思っていましたが、まさかの1600超え、まさかまさかの1700チャレ、まさかまさか1700台の人と当たれるなんて思ってもいなかったです。これが僕とエルフーンの絆なんだってアピールできたんじゃないかと思います。

マッチングした方、こんな害悪みたいな型でしたが対戦していただいてありがとうございました。是非機会があればまた戦いましょう。

(絶対いやって声が聞こえる)

 

ここまでの閲覧ありがとうございました。
ご意見・質問等はコメント欄かTwitter@bluesora0110まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS

現在のレート

 

f:id:sorapoke:20170611134045j:plain

 

 結論

 

確率は収束する

おほー( ^)o(^ )ー (完)

 

【S3】エルフーンZ途中報告【最終1913】

目次

・初めに

・パーティ紹介
 ・エルフーン
 ・Mギャラドス
 ・ニドキング
 ・ギルガルド
 ・Hロトム
 ・Mボーマンダ

・苦手な相手

・感想、反省

・今後の方針

・PS

(リンクは時間ができたら付けてみようと思います)

 

 

ご無沙汰しております、ソラです。

 

皆さん、Z置き土産って技ご存じでしょうか?(唐突)

置き土産にZパワーを適用することで発動するSMからの新技です。その効果とは、

「相手のポケモンのACを2段階下げつつ味方のポケモンを全回復させる」

という効果です。どんなポケモンでも次のポケモンの起点にできる、これが弱いわけない!!しかも、この技をエルフーンは唯一先制で打つことができます。

めっちゃ強いやん( ´∀` )

というわけで、今回はこのZ置き土産エルフーンを軸にパーティーを組み、戦っていくことにしました。結果は最終1913(最高1937?)とまあまあの戦績で、2000目指すにはもう潜る時間がなかったので少し早めに記事にすることにします。19程度で記事にすんの?見ないわって人もいるかもしれないけど、まあそんな厳しいこと言わないで眺めてみて下さい(笑)。

(最低20載せなきゃ記事書く必要なくない?、そういう心境とかがレート至上主義の考え方に繋がっていくんじゃないかな?)

以下が今シーズンで使用した構築になります。

f:id:sorapoke:20170514202945p:plain

(マオちゃん可愛い、朝ごはん作ってもらいたい)

 

~個別紹介(以下常態)~

 

f:id:sorapoke:20160719173038g:plain

エルフーン@悪Z 臆病 悪戯心
実数値(努力値):167(252)-×-122(132)-98(4)-109(108)-151(12)
技構成:ムーンフォース/エナジーボール/アンコール/置き土産
調整:Hぶっぱ。HDテテフのサイキネ耐え。S準速サザン抜き。余りB。

本構築の主役、エルフーン

後で置き土産Zエルフーンの単体考察記事を書くかもしれないので、ここではSMにおけるエルフーンの役割とパーティーの動かし方について軽く書いてみようと思う。

ORASまでのエルフーンの立ち位置は、色々言い方はあるが、一つはガッサに後出しできる妖精枠という見方が強かった。しかし、SMで強力なフェアリータイプが追加されたことにより、エルフーンが妖精枠?とは言えなくなった環境になっている。そこでエルフーンは草タイプでもあるというのを活かし、水タイプに対して役割を持てるように草技の搭載が必要と考えた。幸いにも現環境には冷凍ビームを持った水タイプがほとんどいないため、水技読みで後出し⇒冷凍ビームで倒れる、といったことが前よりなくなっている。

とはいえ無振りエナボ程度では、レヒレ等をちょっと削る程度にしかならないので注意が必要。今回のエルフーンは水タイプを裏の圏内まで削るくらいの役割である。

また、Sを準速サザン抜きにすることで最低限の妖精枠としての役割を持たせ、ついでにマンムー・レヒレ・Wロトムミミッキュあたりの上から攻撃できるようにした。

パーティーの動かし方については、初めはエルフーン含む3体でサイクルを回しZ置き土産で相手を起点にしつつ削れた味方を復活⇒(積んで)抜いてく、といった立ち回りを意識している。

 

f:id:sorapoke:20170118003300g:plain

Mギャラドス@ギャラドスナイト 陽気 威嚇⇒型破り
実数値(努力値):175(36)-207(252)-132(20)-×-154(28)-135(172)
技構成:竜の舞/氷の牙/滝登り/地震
調整:H16n-1。HDコケコの十万耐え。S一舞で最速130族抜き抜き。

もはや僕の構築から外せなくなった型破り枠。今回のメガエース。S1の個体をそのまま持ってきた。ASぶっぱにしたほうが多分いい。調整し直す時間がなかった。

エルフーンとの相性保管に優れつつ優秀なタイプを持つゆえのサイクル適正、舞えれば広い技範囲で抜いていけるこのポケモンが今回Z置き土産エルフーンの相方に選ばれた。

 

f:id:sorapoke:20170514212142g:plain

ニドキング@気合の襷 控え目 ちからづく
努力値:CSぶっぱ
技構成:ヘドロウェーブ/大地の力/冷凍ビーム/火炎放射

今回の使ってみたいポケモン枠1号。ギャラドスとの相性保管もGood。コケコランド等の並びはこいつ一体で壊滅に追い込める。

ナットとの対面は引かれることのほうが多かったので、放射よりギャラに打てる10万やリザガモスに打てる岩雪崩とかのほうが良かったかもしれない。変える勇気が出なかった。

襷持ちの広範囲アタッカー×Z土産は相性が良い。

 

f:id:sorapoke:20170514213247g:plain

ギルガルド@食べ残し 控え目 バトルスイッチ
実数値(努力値):145(76)-×-171(4)-100(164)-172(12)-112(252) ※シールドフォルム時
技構成:シャドーボール/キングシールド/毒々/身代わり
調整:H16n+1。B<Dダウンロード対策。CシャドボでH振りMゲン確定1発。

今回使ってみたかったポケモン2号、毒守ガルド。毒守型なのになぜかAがV、無駄に頑張っている。イカサマを起点にできないときが多々あったのでA0にしたいが、もう一回孵化して育てる、そんな時間はなかった(2回目)。

ギャラの苦手なポリ2テテフナットを中心に起点にしていくのが役目。なぜかわからないけどミミッキュに後出しから勝つ時がたまにある。

 

f:id:sorapoke:20170514214732g:plain

Hロトム@拘りスカーフ 臆病 浮遊
実数値(努力値):127(12)-×-128(4)-157(252)-129(12)-148(228)
技構成:ボルトチェンジ/10万ボルト/オーバーヒート./トリック
調整:H16n-1。B<Dダウンロード調整。S準速テテフ抜き。

日本の生んだ電化製品は世代をまたいでも信頼できる。

個人的に今スカーフHロトムを使うならこの調整が完成形じゃないかと思う。準速スカーフテテフに対しボルチェン打ちながら引けたり、一舞したギャラに対して上から攻撃できる臆病の方が控え目より使いやすい。アローがいないので6世代の頃メジャーだった鉢巻アローのブレバ確定3発の耐久調整も必要ない。

カバルドン展開はこいつでトリックしてあれこれしていく。またカバ展開入りに入ってきやすいゲッコウガに対してもカバーできる。

10万を思ったほど使わなかったのでめざパ氷に変えたいが、厳選しなおす時間が・・・(3回目)。

 

 

f:id:sorapoke:20170312150829g:plain

Mボーマンダ@ボーマンダナイト 陽気 威嚇⇒スカイスキン
努力値:ASぶっぱ。
技構成:捨て身タックル/地震/羽休め/竜の舞

バナに勝てさえすればいいや

前シーズンに引き続き雑に採用してごめんねマンダさん。

 

~苦手な相手~

リザードンウルガモス
今の環境でステロ撒きも岩技持ちもいないのはダメ。来シーズンはM馬車の解禁によりリザガモスの需要が相対的に下がりステロの需要も落ちそうだが、僕の構築はそもそも積んでタテる構築であるのでステロ撒きはほしかった。

・受けループ
両刀マンダにすべきだったかも。

オニゴーリ
どう頑張っても無理。こちらからオニゴーリ使ってて楽しいか?と相手を非難する資格すらないぐらいの無対策。これは嵌められても仕方がない。

 

~感想・反省~

基本選出はエルフーンギャラ@1で、前半サイクル回す⇒Z置き土産⇒舞って勝ちというパターンを意識したパーティを作ってみたが、思ったよりもこのパターンを活かして勝った試合が多かった。コンセプトとしては間違っていなかったと思う。エルフーンギャラドスの相性は良かったので取り巻きをしっかり考える必要がある。

改善したいところとして、
①ステロが欲しい。
②先制技が欲しい。
③受けループ潰し。
オニゴーリメタ(音技・連続技・上から高火力での一撃)。
これらが挙げられる(ご意見募集中)。

 

~今後の方針(です・ます調に戻ります)~

今後というより今シーズンからの話。

現在僕はリアルが非常に忙しく、前ほどポケモンに取り組めるような時間が無くなっています。今までは1つの構築を1シーズンで納得できる段階まで改良してきましたが、現状ではそれができない状況です。育成環境がORASの頃より時間がかかることもあって、気軽にこのポケモンを育成して試してみようといったことができなくなりました。
そこで、これからは1つの構築・コンセプトを数シーズンかけて改良していき、そのうちどこかで目標の2000を達成できるような取り組み方をしていきたいと考えています(正直今回1900すら行く予定なんかなかった)。従って今回のタイトルも「途中報告」と題名付けてあります。これからもシーズン毎の反省会としてまた記事を書く予定なので、その時はまた閲覧してくださると嬉しいです。

 

ここまでの閲覧ありがとうございました。以下に結果の証拠みたいなのを付けておきます。ご意見・質問はコメント欄かTwitter@bluesora0110まで

f:id:sorapoke:20170514231605j:plain

 

 

PS

今週末(5/21)にTOEICを僕は受けることになってます。結構この点数で将来が決まりかねないくらい大事な感じです。
目標は600点(できれば650点)。僕の今の実力は530点くらいです。
1週間で点数を劇的にあげる方法(勉強法・テクニック) があれば教えてください。

なんでもしますから!!

 

※なんでもはしません

 

ORASの頃に育成したエルフーン

もう時期はサンムーンS3と今更投稿するべきことか?って思われると思うが、個人的に今のエルフーンの立ち位置を整理したくなり、書くことにした。

それではあの頃使っていたエルフーンをひたすらに列挙していく。なお努力値のみで記載する。

 

f:id:sorapoke:20160719231143g:plain

@食べ残し  悪戯心
図太い H76 B188 C4 D164 S76
宿り木/身代わり/アンコ/ムンフォorコットン

初めて育成したエルフーン。このポケモンめっちゃ可愛いやんってことで育成して使いはじめ、小さい体ながら相手のポケモンを次々と宿身我の起点にしていく姿に感動した。身代わりアンコで後続の起点を確実に作る姿も自分の感性とマッチした。GTSでフル遺伝ドリボモンメンを手に入れたこともあり、これ以後僕は大量のモンメンを生産し始める。

後半はニンフィアの増加により息をひそめた。今でこそニンフは少ないものの、やはりテテフのせいで使うに使いにくい状況が続いている。しかし、テテフさえいなければ第6世代の頃よりはハメやすい(そのテテフが多すぎるけど)。

 

@気合いの襷  悪戯心
臆病 B4 C252 S252
ムンフォ/エナボ/アンコ/自然の力

Twitterもやっていなかった頃、初めて僕をRate2000に連れて行ってくれた個体。S116族+一貫性の高い妖技+襷+先制技によりタイマン性能がそこそこあり、積み技読みで後出しすることで起点回避も可能であるため腐りにくかった。

 この準アタッカー型は今の環境では、テテフやミミッキュを代表としたより凶悪性なフェアリーアタッカーが生まれたため、あまり採用価値がない。使用するなら補助技を絡めた戦い方が必要になるだろう。

 

@拘り眼鏡  すり抜け
臆病 B4 C252 S252
ムンフォ/エナボ/@2(すり替え・サイキネ・めざ炎等)

ガブを一撃、マリルリを1撃、ガルーラの受けだしを許さないといったある程度の火力を持ち、一番気持ち良くなれる型。レート中盤〜後半にかけて天邪鬼ジャローダとかいう天敵が現れたため、ジャロを確定2発に持ち込める眼鏡型は重要度が増した。

今の環境では、補助技に頼らない型なので活躍自体はしやすいと思われる。しかし、ブルルやテテフのような上位互換じみたポケモンが今作から増えた。

一応草技と妖技を一致で打てる高速アタッカーというアイデンティティはあるものの、意表をつきたいとかの場合を除いて、使用するとしたら「採用理由は愛」ということになりかねない。

 

@ジャポのみ  悪戯心
臆病 B4 C252 S252
ムンフォ/草結び/サイキネ/アンコ

マンムーを草結び+ジャポで処理し、裏のマンダスイクンに対し負担をかけようと思った型。フレドラバシャに1:1取ることも可能。

チョッキマンムー多すぎ、弱い。

 

ゴツゴツメット  悪戯心
図太い H188 B252 C44 D20 S4
ムンフォ/コットン/アンコ/宿り木

2回目にRate2000を達成したときの個体。個人的に第6世代前半では最も評価の高く、一番良い思い出のある型。但しこの型は天邪鬼ジャローダの影響をモロに受け、秘密ガルーラの増加とともに使われなくなった。

今の環境下ではギャラドスガルーラミミッキュに対し強く、エルフーンの中では採用価値は高いと考えている。但し今の炎鋼環境が辛い。

 

@脱出ボタン  悪戯心
図太い H252 B156 D100
追い風/守る/アンコ/しびれ粉

某実況者からパクった。当時はアローやゲンガーが多く、プレイングも下手くそであまり上手く使いこなせなかった。

早くメガヘラ解禁しろ。

 

@弱点保険  悪戯心
臆病 H28 C240 S240
ムンフォ/めざ炎/コットン/置き土産

なんでこんなん生んでしまったんだろう。完全にネタ。

このポケモン入れて初2100乗ったとか黒歴史でしかない。

 

@拘りスカーフ  悪戯心
控えめ H108 C252 S148
ムンフォ/エナボ/すり替え/置き土産

2回目の2100達成の立役者であり、僕の第6世代エルフーンの集大成。奇襲と起点作りを同時に行える。

しかし、サンムーン環境では今のままだと置物と考えている。Z技の登場によりすり替えの範囲が減ってしまったことと役割対象のWロトムの減少が原因。一方、テテフやマンダ・コケコ・蛙・一回舞ったギャラの上から攻撃できる点は評価点。もう少し練れば活躍できるかもしれない。

 

 もっと育成した子はいるけどこんなところで。

こうしてみると、ORASの頃のエルフーンのほとんどがSM環境では活躍しにくいと考えられる。

原因ははっきりしている。

①サイコフィールドを展開できるテテフの登場。
②そのテテフをメタるための鋼タイプの増加。
③その鋼をメタるための炎タイプの増加。

これら全てがエルフーンに対し逆風を吹かせている。新環境の波に最も晒されているポケモンの1体かもしれない。全てはテテフのせいである。

一方で、

①´ガルゲンニンフ等の減少
②´アローの弱体化
③´Z技の登場

等の強化点もある(今以上にゲンガー増えたらやばいです、ほんとにやめて(´;ω;`))。これらを活かして、なんとか新しいエルフーンの生きる道を模索していくしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何があろうと君を使い続けるからな!!!!!

【S2】燃ゆる爆走マッシブーン【最高/最終Rate2002】

初めましての方は初めまして、前回の記事を見てくださった方はありがとうございますandお久しぶりです。たまに仕様を忘れて悪タイプにアンコ打っちゃうソラと申します。この度、Mギャラにエルフーンが起点にされるという由々しき事態に晒されながらも、なんとかSM初の2000に乗せることができました。もう残りの日にちはリアルの関係上潜らないと思われますので、先に構築をメモしようと思い、筆を執った次第です。では早速やっていきましょう。今シーズンでは結構構築が迷走していましたが、最終的には以下のような構築でレートに潜っていました。

f:id:sorapoke:20170312110154p:plain

今回の構築は追い風パになります。追い風中なら現環境で通りの良いリザYマッシブーン(後述)を軸に補完で残り3体を組みました。追い風パ自体はORASの頃から時々使っていたのですが、今回初めてそれを軸にRate2000を達成することができて非常に嬉しかったです。では個別紹介に入っていきます。

 

〜個別紹介〜(以下常態)

f:id:sorapoke:20160916164344g:plain

エルフーン脱出ボタン 図太い 悪戯心
実数値(努力値):167(252)-✖-136(148)-✖-109(108)-136
技構成:挑発/アンコール/追い風/光の壁
調整:Hぶっぱ。HD控えめテテフのサイキネ耐え。B余り。

嫁枠兼本構築の心臓部。心臓なのに出した試合は9割9分しんでる。基本的に初手で出して、一致弱点や4倍弱点を突かれなければ大体の攻撃は一発耐えて脱出できる。

調整はテテフのサイキネ耐えまで振っているが、控えめサザンの文字を確定耐えするラインまでDに回した方が良い。ちなみに眼鏡テテフのサイキネは仮にHD特化しても乱数で落ちる。悲しすぎる。マキシマムサイブレイカーなんてオーバーキルもいいとこだ!

初手にリザバシャグロスマンダゲンガー等が来たとき、命懸けで追い風する姿はもはや芸術である。こいつらが初手にでてきそうなら控えに置いといた方が良い。逆に初手がコケコとかランドなら大体トンボル打ってくるので爆アドをとりやすい、一回飛行Zランドにワンキルされたけど。

選出率体感85%でぶっちぎりのNo1。ポケモン界最強のもふもふクッション。

f:id:sorapoke:20170312115454g:plain

MリザードンY@リザードンナイトY 控えめ 猛火→日照り
努力値:CSぶっぱ余りh
技構成:エアスラッシュ/大文字/ソーラービーム/目覚めるパワー氷

追い風エースその1。襷岩石封じ蛙やチョッキランドが増えてきたことが向かい風と感じたが、追い風下のリザYを止めてくるポケモンはかなり限られており、一手目追い風→大文字連打だけで勝つ試合もまあまああった。

性格が臆病ではなく控えめなので、例えば大文字でMガル1撃、これ以下の耐久の炎等倍ポケは確定1発、ステロ+ソラビでレヒレが中乱数位で落ちたりする。

バシャーモに対する憎しみの元に投入したエアスラであったが、相手のリザXに対する有効打(ステロ+エアスラでH振りのリザXまで確定)になったり、上から打てることによる怯み勝ちも狙えたりと非常に有用であった。

選出率2位。

f:id:sorapoke:20170312123844g:plain

(この筋肉だけ3Dで見つからなかったのでドット絵)
マッシブーン@地面Z 意地 ビーストブースト
実数値(努力値):191(68)-210(252)-159-✖-73-123(188)
技構成:冷凍パンチ/ストーンエッジ/馬鹿力/地震
調整:H16n₋1。S準速ガッサ抜き,追い風下最速スカーフテテフ抜き。Aぶっぱにより、ガルドテテフがZ地震で確定1発。

追い風エースその2。ほぼ無振りでガブの逆鱗を等倍にも関わらず2耐えするとかいう化け物。この筋肉がどれだけ刺さっているかは下の表的なのを見てもらうと分かりやすいと思う。

・補助なしの場合の役割対象

f:id:sorapoke:20170312132310p:plainf:id:sorapoke:20170312132313p:plainf:id:sorapoke:20170312125725p:plainf:id:sorapoke:20170312125004p:plainf:id:sorapoke:20170312125641p:plainf:id:sorapoke:20170312125720p:plainf:id:sorapoke:20170312125721p:plainf:id:sorapoke:20170312125751p:plainf:id:sorapoke:20170312125747p:plainf:id:sorapoke:20170312125744p:plainf:id:sorapoke:20170312125727p:plainf:id:sorapoke:20170312130041p:plainf:id:sorapoke:20170312130032p:plainf:id:sorapoke:20170312130029p:plainf:id:sorapoke:20170312130459p:plainf:id:sorapoke:20170312130551p:plainf:id:sorapoke:20170312130714p:plainなど
・追い風下だと上記の相手にプラスして

f:id:sorapoke:20170312132307p:plainf:id:sorapoke:20170312131907p:plainf:id:sorapoke:20170312131853p:plainf:id:sorapoke:20170312131849p:plainf:id:sorapoke:20170312131843p:plainf:id:sorapoke:20170312131914p:plainf:id:sorapoke:20170312131842p:plainf:id:sorapoke:20170312131647p:plainf:id:sorapoke:20170312131747p:plainf:id:sorapoke:20170312131731p:plainf:id:sorapoke:20170312131709p:plain
・さらに地面Zを持たせると

f:id:sorapoke:20170312132928p:plainf:id:sorapoke:20170312132923p:plainf:id:sorapoke:20170312132834p:plainf:id:sorapoke:20170312132827p:plainf:id:sorapoke:20170312132712p:plain

このように追い風下の地面Zマッシブーンは、環境に多いポケモンの内約7〜8割ほどを一方的に倒すポテンシャルを秘めている。前述のリザYと合わせて攻撃範囲ではほぼ死角がない。また、特性のBBが追い風と相性が良く、1体倒すたびにAが上がるのでさらに抜き性能が増加し、使っていて楽しい筋肉自慢マンだった。

しかし、虫技を切ってしまったためクレセに何もできなかったのが一つのネックである。この要因により選出率は4位。

f:id:sorapoke:20170312144132g:plain

Wロトム@お盆の実 図太い 浮遊
努力値:H252B244余りcs
技構成:ボルトチェンジ/ハイドロポンプ/目覚めるパワー/電磁波

表の追い風軸でも裏のサイクル軸でも重要なパーツである洗濯機。特にこの構築ではマンダが重いので、どんなマンダにも役割が持てるようにめざ氷お盆電磁波持ちとした。蛙に電磁波入れる役割もあるが、草Z蛙に2回も葬られたのは事故でいいよね?
選出率は3位。
ちなみに、僕はWロトムのことを「ウォットム」、ハイドロポンプのことを「ハイポン」と略している(超どうでもいい)。

f:id:sorapoke:20170312145258g:plain

ドリュウズ@気合いの襷 陽気 型破り
努力値:ASぶっぱ余りh
技構成:アイアンヘッド/地震/岩石封じ/ステルスロック

本構築唯一の過去作教え技持ち。追い風軸の苦手なミミッキュを抑制してほしい枠(結局型破りでの対策)。実際には全然抑制できず、寧ろほとんどの場合で出できたのでもうよく分からない。リザ入りに初手で出してステロを撒いていきたい枠。

選出率5位。オニゴーリがムカつくのでアイヘをスマホに変えたいが、教え技を忘れさせたくないというジレンマを持つ。

 

f:id:sorapoke:20170312150829g:plain

Mボーマンダボーマンダナイト 無邪気 威嚇→スカイスキン
努力値:ASぶっぱ余りh
技構成:捨て身タックル/流星群/大文字/地震

裏のサイクル軸のエース。・・・と言えば聞こえはいいが、どうせ出さないので実際には初手のバシャとリザ等の選出を抑えてほしい枠。それでもこいつらは結局出てくる。こいつらが来ないと約束できるなら、この枠はケムッソにでもコイキングにでもしてもいい。まあそんなことはあり得ないので、一番相手にプレッシャーを与えられそうな700族を採用した。

どうにも僕は種族値バランスよく高いポケモンを上手く扱えない。ウルトラボールに入っているので教え技がないことがばれている。

一応受けループ対策などを担っているが、採用してからは当たらなかった。

選出回数3回。

 

〜基本選出(上から多い順に)〜

①大体の場合:エルフリザマッシブーン
②Wロトムのサイクル操作が必要な時:エルフ+リザorマッシ+Wロトム
③ステロ撒かなきゃきついとき:ドリュウズエルフ+リザorマッシ
④追い風サポートがいらないとき:Wロトム+リザorマッシorドリュウズ
⑤リザが出せないとき:マンダWロトム@1
⑥その他

 

〜重たいポケモン
ラティマンダ蛙ミミッキュガッサリザなど挙げればキリがない。

 

〜まとめ〜
冒頭にも言ったが、ポケモンを通じて初めて追い風軸で2000を達成できてうれしかった。SMの追い風軸はORASの頃とは違い、天敵のファイアローがいなくなったので、追い風自体発生させやすい+追い風中のエースが止められにくくなり、またZ技による一発限りの大技も使えることもあってかなり強化されたと思う。今後も新たな追い風エースの研究をしつつ、より上を目指していきたい。

 

〜最後に〜

ここまでの閲覧ありがとうございました。一応証拠に・・・

f:id:sorapoke:20170312160529j:plain

 3/12現在の順位
何かご質問等があればコメント欄かTwitterアカウント@bluesora0110まで

 

 

 

【S1】エルフーンとちくちくぱわ〜【最高1951】

 

初めましてソラと申します。第7世代最初の記事ということで改めて自己紹介をさせて頂きます。僕は子供の時からポケモンをやっておりまして、ORAS(前シリーズ)からレートの世界に飛び込んできました。嫁ポケ兼相棒ポケはエルフーンです。いつもこの子がパーティーの左上におり、いつも一緒に対戦しています。エルフーンを入れないとパーティーが組めない病にかかっているくらいです。

前置きはこのくらいにして本題に入りましょう。

僕は今シーズン、この子を主軸にして組んでみました。

そうトゲデマルです。デデンネじゃないよ!トゲデマルです。この子が発表されたとき僕のハートは奪われました。めっちゃ可愛いじゃないですか!!このまん丸なフォルム、キュートなお目目。そこで今シーズンはこの子を活躍させるべく以下のパーティを組みました。それでは紹介していきましょう。

〜個別紹介〜

f:id:sorapoke:20160719142029g:plain

エルフーン@食べ残し 性格:臆病 特性:悪戯心                 

実数値(努力値):145(76)-✖-123(140)-112(116)-96(4)-173(172)  

技構成:身代わり/ムーンフォース/宿り木の種/アンコール           

調整:H16n+1調整。HBはMギャラのA1↑氷牙低乱数1発。CはムンフォでMギャラ高乱数2発。Sは準速Mマンダ抜き。

僕の考えたSM版宿身代エルフーン。Mギャラを意識してCに多く割いてみた。このC振りのおかげで勝った試合も多く、正解だった印象。しかし、Mルカリオを抜けないせいで出せない試合もあったためまだ要検討。

 

トゲデマル@電気Z 性格:陽気 特性:避雷芯                      

実数値(努力値):172(252)-121(20)-84(4)-✖-101(60)-151(172)        

技構成:びりびりちくちく/ニードルガード/毒毒/願い事               

調整:Hぶっぱ(願い事効率最大)。AはZ電気技でMギャラ確定1発。HDは眼鏡コケコのマジシャ確定4発。Sは最速レヒレ(85族)抜き。

このパーティーの主役、トゲデマル。図鑑番号777を託された子。何度も言いますがデデンネではありません。これ重要。

役割対象は、コケコ・ジバコ・ポリ2・バルジーナウツロイドベトベトン等。特にこのパーティはコケコを呼ぶので選出率はそれなりに高かった。

やることはシンプル。コケコに後出ししたあと毒を撒く。その後はエルフーンの身代わり連打や後述のハッサムポリ2の回復連打、また自身で願守して毒ダメを蓄積させていく。

これだと、どうして持ち物が電気Zなのか?ということに疑問を持つ方も多いだろう。食べ残しやお盆の実の方が良いだろ意見する人もいるだろう。

確かに回復アイテムの方が役割としては合っているが、電気Zを採用することによるメリットもある。一つ目は叩き落とす耐性がつくことによりベトベトンに後出しができる。二つ目はこのようなハメ系のポケモンからは高火力技がとんでくることがないと油断させて狩ることができる点である。これらの理由により電気Zを採用している。

(一番の理由は僕だってZ技という新要素を使ってみたかったからだけどな!!!)

以下トゲデマルの活躍シーン。

ウツロイドをステロ撒かせただけで倒した後、こちらを起点にしようとしたエンニュートをZ技で飛ばす。お相手のラス1はギャラドス。           

②マンダ(地震無)バルジハピの選出に対し、トゲデマル一匹でかき回す。願い事守るによりハピナスの火炎放射もバルジのイカサマも受けきる。          

③コケコのボルチェンに対しトゲデマル後出し。お相手はルカリオ交代、それに合わせてエレキフィールド下のスパーキングギガボルト当然の確定1発。

などなど

 

エンニュート@気合いの襷 性格:臆病 特性:腐食                

努力値CSぶっぱ            

技構成:ヘドロウェーブ/オーバーヒート/毒毒/竜の波動

使ってみたかったポケモン2号。エルフーンとの相性補完に優れているため気になっていた。しかし、このエンニュートと言うポケモン、耐性は豊富にも関わらず耐久は紙以下。どのくらいかというとステロ+Mハッサムの1舞バレパンで半減にも関わらず乱数で吹き飛ぶ(笑)。相性補完もへったくれもなかった。

しかし、攻撃性能は優れており、襷を持たせることでタイマンには非常に強かった。毒炎竜の技範囲はお相手のパーティーの4〜5体に弱点がつけることがほとんどであった。このタイマン性能でお相手のポケモン1体を落としたあとに、2体目に毒を撒いてエルフーンで身代わり連打というのが一つの勝ちパターンである。          

ちなみに性格を控えめにすることによりテテフを確定1発・ガルドを中乱数1発にできるので控えめにするのも一考か?その場合、ガブと同速・Mルカリオを抜けないという問題が生じるが。

 

f:id:sorapoke:20160916153327g:plain

メガハッサムハッサムナイト 性格:意地 特性:テクニシャン          

実数値(努力値):175(236)-188(4)-167(52)-✖-144(188)-99(28)          

技構成:バレットパンチ/剣の舞/羽休め/泥棒                 

調整:H16n₋1。HBガブの地震2耐え。S準速ガラガラ抜き。D余り

トゲデマルだけではカプ・テテフが不安なのでもう一枚の鋼枠。使ってみたいポケモンが揃って地面4倍弱点なので地面等倍のハッサムを採用。テッカグヤでもいいがパーティ全体が電気に薄くなりすぎるので不採用。上記3体ではガラガラが重すぎるので準速ガラガラ抜きにして、泥棒を採用している。

 

f:id:sorapoke:20170118003224g:plain

ポリゴン2@進化の輝石 性格:図太い 特性:ダウンロード            

努力値:H244B252余りS        

技構成:冷凍ビーム/放電/シャドウボール/自己再生

パーティ全体で物理耐久が不足していたので、数値受けのできるおまるを採用。ポケモンをしてきて初めて採用したが、びっくりするぐらい安定感が抜群であった。何でこんなに強いおまるを今まで使わなかったんだろうと考えたらORASではバシャーモが多かったからである。S2以降バシャーモがまた解禁されるらしいので、もう二度と使うことはないだろう。

 

f:id:sorapoke:20170118003300g:plain

Mギャラドスギャラドスナイト 性格:陽気 特性:威嚇→型破り         

実数値(努力値):175(36)-207(252)-132(20)-✖-154(28)-135(172)         

技構成:かみ砕く/竜の舞/身代わり/地震                                                         

調整:H16n₋1調整。Aぶっぱ。HDはコケコの10万耐え。S1舞で最速130族抜き抜き。

炎地面の一貫を切る枠。カグヤミミッキュの対策枠。ミミッキュの対策が真面目に型破り以外に分かりません。どなたかご教授下さい。

 

課題点                     

ガルーラがとにかく重い。対面でかてるポケモンがいない。SMでガルーラ弱体化されたからもうガルーラ対策しなくてもいいじゃん!とんだ大間違いである。やはりガルーラは無策で挑めば全滅は免れないモンスターであった。この問題さえ解決できれば充分に2000を狙えるパーティーだと思う。このことに気づくのが遅れたのが、伸び悩んだ原因か。

 

あと語り・まとめ                     

個人的に非常に悔しいシーズンとなった。2000乗れなかったのは対策が甘かったとしか言いようがない。早めに気づいてもう一度練り直す必要があったと思われる。次のシーズンでは2000乗れるように対策を強化していきたい。           

なお、トゲデマルにも可能性が見られたのは収穫である。今回の毒守型だけでなく、トゲデマルには猫だまし・ほっぺすりすり・アンコール・とんぼ返りなど優秀な技を多く覚えるので気になった方はぜひ育ててみてほしい。

【S17】逆襲のホッチキスマン!【最高&最終Rate2107】

 

初めましての方は初めまして、以前の記事を見て頂いた方はお久しぶりです。エルフーンがいない世界なんて考えられない、ソラと申します。さて、皆さんS17はいかがだったでしょうか?自分のBestを尽くせましたでしょうか?僕は2期連続で好きなポケモンとRate2100を達成することができて非常に達成感のあったシーズンになりました。今回はそれを記念して記事を書こうと思います。

それでは、今期使用したパーティーをざっくりと紹介しましょう。はいドン‼!
f:id:sorapoke:20160916142844p:plain
初心者にも優しい準伝&めざパ縛り。(ORASラストシーズン終えた今では誰得なのか?)
今期は前期のパーティーからガラッと変えてみました。僕は同じ構築はずっと使えない人です、飽きるので(笑)

〜構築経緯〜(興味のない方は飛ばしてください)
「前期はまったくエルフーンエルフーンらしく使えてなかったから、今期は彼らしいパーティーを作ろう」→「それなら積みサイクルかな?」→「エルフーンと相性の良い積みエース・・・ルカリオかな!」→「ルカリオといえばカバルカだよね?こだわり地震を起点にできるアロー入れよう」→エルフーンカバルカアローまで確定。実戦に臨む→「勝てねえ。てか、なんでガルーラルカリオ対面でガルーラ突っ張ってくるんだよ、同速勝負一度も勝てなかったよ泣」→「メガ枠ルカリオ一匹だとダメなのかな?何か裏のメガ枠探すか‼!」→ハッサムと出会う。→「ルカリオ軸の裏がハッサム?エルフーンルカリオハッサム?流石に炎舐めすぎやろw」→「それなら、ルカリオいらなくない?」→ルカリオ解雇→「ハッサムの裏のメガ枠はバンギでいいかな?あとはマンダ軸に刺せる蛙を突っ込んで完成でいいや」→今に至る。
少し長かったかな?要約すると今期はルカリオと頑張るって言っていたのに、ハッサムに浮気してしまった罪深いトレーナーがいるというわけです。ごめんよ、ルカリオ。今度こそ上手く使えるようにするからそのときまで待ってて。(皆さん、初手ガルルカ対面でガルーラが突っ込んでくる理由を教えてください(-.-))
また、こんなガバガバな感じで組んだのでそれなりに穴のあるパーティーとなっております。

〜個別紹介〜
       

f:id:sorapoke:20160916150238g:plain

カバルドン@お盆の実 性格:慎重 特性:砂起こし
実数値(努力値):215(252)-132-145(52)-✖-129(204)-57
技構成:岩石封じ/ステルスロック/欠伸/吠える
調整:Hぶっぱ。HDはメガリザYのオバヒ確定耐え。あまりB。

ポケ徹さんのHDカバから拝借してきました、至って普通の起点作りカバ。これと同じことは色々なポケモンで出来るが、砂による削りが本パーティーでは非常に重要なので、この枠はカバさん以外ありえない。

ガルーラとの初手対面では欠伸ではなくステロから入る。というのも、今のガルーラは秘密や冷bばかりで、それらの攻撃をこのカバは3発は普通に耐えるためである。急所一発の被弾くらいは問題ない。グロ秘密も当然余裕をもって耐える。欠伸までできないのは捨て身を持っている場合のみなので、ほぼ全てのガルーラに対してステロ+αの仕事ができた。追加効果を引かなければだが・・・・。

選出率は2位。この子の仕事具合で勝敗が決まりかねない。

               

f:id:sorapoke:20160916153356g:plain

メガハッサムハッサムナイト 性格:意地 特性:テクニシャン NN:ホチキスマン
努力値ASぶっぱ余りD
技構成:バレットパンチ/馬鹿力/叩き落とす/剣の舞
与ダメ:H振りのFCロトムが1舞馬鹿力で確定。
   HB振りのHロトムがステロ込み1舞馬鹿力で確定。(参考程度に)
   サザンドラが砂ダメ1回とステロ込み1舞バレパンで確定。
   ギルガルドが1舞叩きで確定。
   ヒ―ドランがステロ込み馬鹿力で中乱数。
   H4振りメガガルーラがステロ込み馬鹿力で確定。
   203メガガルーラが砂1回とステロ込み馬鹿力で確定。
   HB振りのスイクンがステロ+1舞叩き+1舞馬鹿力で確定。

普通のハッサムから見ると地雷枠か?AS準速メガハッサム。NNの由来は手がホッチキスみたいだから。なお、本パーティーでは縦横無尽の活躍を見せてくれた。遅いガルーラやヒードランに馬鹿力を打ち込んでいく。

日頃炎技に悩まされ続けているハッサムはある結論に至り、「先手必勝!先に上からぶち込んでしまえばいい!!」という答えを得た。なんと頭の悪い答えであろうか?だが、実際炎P持ちのガルーラは準速ガッサ抜きまたはそれの抜き抜き程度に抑えられているものが多く、準速メガハッサム抜きはあまりいなかったため、数多くのガルーラを逆襲して吹き飛ばすor後続の先制技圏内に押し込むことができた。これらが本パーティー名の由来である(投稿主のセンスのなさが見える)。

与ダメの欄の通り、ステロさえ撒けていれば後出ししてきたスイクンロトム系統の上をとって返り討ちにすることもできた。

耐久振りしないことによる欠点として、ガブの地震やガルドのシャドボを2回耐えられなかったり、羽休めを切ることにより「得意な相手で何度も舞う」といったことができなくなった。でも上記の相手を抜くことと3weponの技範囲の魅力には勝らなかった。一応炎技やメガルカリオの気合いボールクラスの威力の技でなければ耐久無振りでも1発は耐える。

技は、叩きを切って電光石火や虫食いなどを入れるのも一考かもしれない。

選出率は圧巻の第1位。困ったら出してた。

f:id:sorapoke:20160916162051g:plain

ファイアロー@青空プレート 性格:意地 特性:疾風の翼
実数値(努力値):175(172)-146(252)-92(4)-✖-93(28)-153(52)
技構成:ブレイブバード/フレアドライブ/剣の舞/羽休め
調整:H16n-1調整。Aぶっぱ。ダウンロード対策のB<D。準速100族抜き。

僕が2番目に大好きなポケモン。特にいうことはないか?バンギハッサムを突破してきたポケモンを起点にしていく。

また、本パーティー唯一のサイクル適正のある子でもある。調整は再考の余地あり。ダウンロード対策なんかいらない。もっとSに振ってミラーで勝てる確率を上げたほうが良いと思われる。

ステロ込み1舞フレドラでボルトロスは確殺。おっさん程度では焼き鳥を食べる資格すらない。
選出率は4位。

f:id:sorapoke:20160916164344g:plain

エルフーンこだわりスカーフ 性格:控えめ 特性:悪戯心
実数値(努力値):149(108)-✖-105-141(252)-95-155(148)
技構成:ムーンフォース/エナジーボール/すり替え/置き土産
調整:Cぶっぱ。Sは準速ガブ抜き。Hあまり(意地ガッサの岩封高乱2耐え)

構築経緯の欄で言っていた「今期はエルフーンエルフーンらしく扱うために〜」という宣言はどこに行ったのか?ゲッコウガを上からムンフォでワンキルするために生まれた控えめスカーフエルフーン完全に地雷枠。前期もエルフーンが地雷ではあったが、僕は決してエルフーンを地雷枠にしたいわけではないんだ、そこだけは誤解のないようにして頂きたい。

本パーティーはカバからのステロ展開を軸にして成り立っているが、やはりカバに仕事させないようにするために対戦相手もゲッコウガやWロトムキノガッサを合わせにくることが多かった。このエルフーンはそれらに強く出れつつ、カバを選出できないときでも起点を作れるようになっている。

エルフーン対Wロトムの初手対面は十中八九ボルチェンしてくるため、エナボで致命傷を与えることができた。相手のスカーフボルチェンすら許さない。アロー受けをWロトムだけに任せているパーティーはこの一手だけで崩壊した。

なお、本パーティー唯一の純正特殊アタッカーでもある。

ポリ2やナットレイなどの耐久ポケはすり替えで機能停止に追い込みつつ起点にする。中途半端なアタッカーもすり替え→置き土産で完全に起点にする。スカトリでSが逆転しても悪戯心なので先制して置き土産ができる。この動き方はエルフーンにしかできないはず。

選出率は5位。SMでもしメガ進化が廃止されれば、すり替えできる範囲が増えてより活躍が見込めると思っている。

f:id:sorapoke:20160916174230g:plain
ゲッコウガ@命の珠 性格:無邪気 特性:ゲッコウガタイプ
努力値:ASぶっぱ余りC
技構成:冷凍ビーム/水手裏剣/けたぐり/草結び
与ダメ:無振りアロー・ガモスをステロ込み水手裏剣2発で確定。
   H164B188振りのABメガガルーラ(ポケ徹さんのABメガガルーラ)を砂2回+ステロ込みけたぐりで最低乱数以外確定。

本パーティーの影のエース。間違いなくMVP。本構築の重いところを一挙に引き受ける。マンダ軸・ガブ・ボルト意識の冷b、メガガルーラ・ヒ―ドラン・ミラー意識のけたぐり、アロー・馬車・ガモス意識の水手裏剣、カバルドンスイクン意識の草結び、どれも切ることができない。

ゲッコウガのけた繰り耐えのABガルーラが流行っているらしいが、カバの削り込みでなら十分こちらの圏内にいれることができる。ステロ+砂+珠ゲッコウガの縛り範囲は非常に広く、信頼していた。

選出率は3位。


メガバンギラスバンギラスナイト 性格:陽気 特性:砂起こし
努力値ASぶっぱあまりD
技構成:ストーンエッジ/竜の舞/ダメ押し/???

THE 見せポケ
とりあえずハッサムの裏メガ枠として入れたは良いものの、最後まで迷走していた枠。アロー対策枠。また、いるだけでゲンガー・クレセ・ガルド辺りの選出抑制をし、蛙を通しやすくしてもらっていた。

技構成は積みエースとしての竜舞エッジ、ただ使ってみたかったという理由で入れたダメ押し、最後の技に至っては決まってすらいない。2100乗せたときはけたぐりを採用していた。

一応、ステロ込み竜舞ダメ押しの火力はH振りのメガガルーラを落とすほどの火力がある。

しかし、バンギを選出するときはエルフーンバンギアローという相性補完の良いサイクル向けの選出をすることが多かったため、もしかしたらこのバンギは竜舞エースよりも耐久にガッツリ振ったアタッカー型の方が良いのかもしれない。それを試すような時間がなかったのが心残りか。

選出率は6位。

〜本構築の特徴〜
①先制技が多い:ホッチキスのバレパン・蛙の水手裏剣・焼き鳥のブレバなど、先制して攻撃できる技が多い。また、スカーフエルフーン・準速メガハッサムなど相手の想定以上の素早さから攻撃できることもあり、必然的にこちらの攻撃回数が増えることで急所の試行回数が増え、相手の攻撃の被弾数も減った。まさに、「攻撃こそ最大の防御」である。

②命中安定技が多い:本構築における命中不安定技はバンギのエッジ(80%)のみである。そのため、本構築では技外しによる負けはほとんど起こらなかった。

①②をまとめると、上から命中安定技で攻撃していくことで、急所被弾や技外しによる運負けのリスクを最小限に抑えることができた。

〜選出パターン〜
①基本選出:カバハッサムアロー。困ったらコレ。
②ガルーラ入りの厨パ:カバハッサム+アローorゲッコ。スイクン・アロー・カバがいたらゲッコウガを選出。
③Wロトム・ガッサ・ゲッコウガ入り:エルフーン@2。エルフーンを活躍させるチャンスだ!!
④ボルトゴーリなどの害悪:カバハッサム@1。威張ってくるけど、それでつらくなっているのはお相手。こちらに物理アタッカーが多いため、威張るは積み技となる。ボルト被害者の会の会長である僕のポケモン達が自傷なんてするわけがない。そもそも威張るを選択してくる時点でお相手は既に55%の負け筋を引いている。そんな方たちに僕が負ける要素なんて1つもない。対威張るボルトの勝率は今期も100%。

苦手な相手
①バナ入りのサイクルパ:バナが受かりません。特に受けルは無理。バナ入りの受けルってどうやって崩すのですか?
②ヘラドラン入り:ヘラが止まりません。ドランも止まりません。=勝てません。
バシャーモ入りのサイクルパ:バシャが止まりません、バトンパはカモ。対面構築において、炎枠?がバシャ→ガモスに移り変わっていってくれたのは本当に追い風でしかなかった。

まだまだ煮詰めていける構築ではあるが、もうOARSが終わることもあり、本構築はこのまま記録しようと思います。エルフーン、またその他のポケモン達、1,2年間本当にありがとう。SMでまた会うことになったらよろしくね。

今期、いえ、ORASで対戦してくださった方本当にありがとうございます。また、ここまでの閲覧感謝します。
何かご質問等があれば、このブログの質問欄かTwitter @bluesora0110まで。

一応証拠として・・・

 







PS
さて、上記の画像の通り僕の最終順位は151位でした。ん?151位?皆さんどこかで聞いたことはないかな?












f:id:sorapoke:20160916193504j:plain


そう‼!!なんと夏に行われたポケモン総選挙のエルフーンの順位と完全に一致しているのです。(僕もフォロワーさんに言われるまでは気づきませんでした。)これは僕とエルフーンは何か目に見えない不思議な運命でつながっているのではないだろうか!!?君の名はを見た後だから余計にそう思えています。もしかしたら、明日起きたとき僕はエルフーンの世界をみているのかもしれない・・・。ポケダンのように、プクリンのギルドに入って探検隊を組織しているのかもしれない・・・。ビッパに先輩面されているのかもしれない・・・。もしTwitterに浮上しなくなったらそういうことになったんだなと察してください。









PS2
ちなみに本日(9/16)に約10か月振りとなるゆっくり実況動画をようつべのほうにUPしてみました。リンクはこちら⇃

https://www.youtube.com/watch?v=3jPhl2dgPTo
編集技術が拙くあまり良い動画とは言えないかもしれませんが、お時間のある方は見て頂けると嬉しいです。ちなみにパーティーはこの記事のパーティーではなく違うパーティーを使用しております。そちらも一応40戦ほどで1800に到達したパーティーになります。

今度こそここまでの閲覧、ありがとうございました。

【S16】エルフーン入りミミジバコサイクル【最高&最終Rate2109】

皆さん初めまして、ソラと申します。

このブログではエルフーン厨のエルフーンのためのエルフ(以下略)。要するにエルフーン大好き少年がなんやかんやてきとーなことを投下していくブログです。ぜひ、最後まで見て頂けると嬉しいです。

 

さて、みなさんS16はいかがでしたでしょうか?良いシーズンとなりましたか?僕にとっては1年以上ぶりにレート2000を超えたどころか、まさかの2100に達成することができて大躍進!!といったシーズンになりました。今回はそれを記念して筆をとることとしました。

 

では早速パーティ紹介していきます。タッタラ〜♪

f:id:sorapoke:20160719224249p:plain

 

〜個別紹介〜